TOP >  奄美通信 >  奄ツーからのお知らせ >  奄美群島の風物詩『舟こぎ競争』

奄美群島の風物詩『舟こぎ競争』

JALの記事のご紹介です。
今回は、奄美の夏の風物詩『舟こぎ競争』のご紹介でした。
この時期になると奄美群島の各島々で行われます。
 
皆さまこんにちは。日本エアコミューター(JAC)客室乗務員の北川です。
今日は夏真っ盛りの奄美大島から、夏の名物「舟こぎ競争」をご紹介します。

JACの創業地でもある奄美大島は、鹿児島県内の島の中では最も大きく、日本においても沖縄、佐渡島に次いで3番目に大きい自然豊かな美しい島です。周囲は約460km。海岸線を見渡せば、大らかに広がる白い砂浜とターコイズブルーの海が、見る人の心を癒してくれます。

...
そんな豊かな自然の魅力あふれるここ奄美大島では、毎年夏に「奄美まつり」が開催され、中でも「舟こぎ競争」はすごく盛り上がります。今年で49回目となるこのイベントに、社内の有志メンバーで初めて参加してきました。

今年は、台風11号の影響で波風ともに荒れる中、全国から集まった138チーム(総勢1,100人余り)が各々闘士を燃やし優勝を目指しました!

木造の舟に舵取り1名、笛吹1名、漕ぎ手6名で力いっぱい舟を漕ぎます。体全体でオールを扱うため、見た目以上に腕力とチームワークを必要とし、無我夢中で漕いだ結果、あっという間に競技は終了しました。

結果は最下位、
独走でした(苦笑)。しかしチーム一体となってやりきった充実感と、奄美の自然や競技を盛り上げてくださった地元の方々の温かさにも触れ、JACの原点でもある奄美大島の魅力を改めて感じることができた1日でした。

台風の中での競技の写真だけですと、せっかくの奄美大島の青い海を紹介できないのは申し訳ないと思い、翌日、奄美らしい青い海の写真も撮ってきました!

皆さまも、素晴らしい大自然と人々の温かみが感じられる、ここ奄美大島でとびきりの夏の思い出を作られてみてはいかがでしょうか
アマミニ アソビガシッチクリンショレ!!(奄美に遊びにきてくださいね~)
-- 奄美まつり舟こぎ競争
amami(2012年8月 7日 17:53)   |  コメント(0)   |  トラックバック(0)
トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ama2.jp/kanri/mt-tb.cgi/439

コメントする




ページトップ